初心者のためのバイナリーオプションやり方情報

バイナリーオプションとFX

Point.1
FX
一時専業主婦がFXで一攫千金など、FXのブームがありました。現在では法制度改革もあり、FXに対する規制も強くなったこと、リスキーな部分がマスメディアにクローズアップされたことによって、一時ほどの人気がなくなったかのうに思えるFXですが、今ではそのFX専門業者がバイナリーオプションを金融商品として提供している所も少なくありません。
レートのUP・DOWNを予想するといった点で共通点があるため、バイナリーオプション初心者の方の中には混同してしまいがちな方もいるかもしれませんので、両投資ともにメリット、デメリットを含め確認していきます。
まずFXとは外国の通貨を売買する取引、外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)のことを意味します。これは通貨の価値が常に変動しているところから、利益を生み出す取引というものなのです。
例えば「1ドル=100円」時、1000ドル=10万円です。
これを「1ドル=110円」時には同じ1000ドルが11万円となっており、その差分が1万となります。
FX
よって、円安の時にドルを買い、円高になったら円を買うという方法で、その差分が利益となるというのが、FXの一番基礎的な利益の出方となります。
また外国為替を持っていると売買通貨間の金利差によって利益を出すことも可能です。
例えば超低金利で有名な日本円の金利は0.1%です。
それに対してオーストラリアの豪ドルは4.75%と、その金利差4.74%にもなります。
この金利差をスワップポイントといい、まるで預金金利のようなイメージで貯蓄を増やすことができるというものがあります。(※スワップ金利の注意点は、この例のように最終的に低金利の日本円を買うときも金利差が発生し、豪ドルを売るときにはその分を支払うことがあります。スワップ金利も計画的に換金する必要があります。)
このようにFXは変動為替の変動分、金利差分で利益をうむことがわかっていただけたかと思います。
よって短期投資も長期投資も可能なのです。
また初期投資費用は投資商品としてはリーズナブルではありますが、バイナリーオプションより高く、その分バイナリーオプションより高額投資も可能となっております。
Point.2
バイナリーオプション
次にバイナリーオプションは、一定の時間内でレートの上下を予想するといったものとなり、基本的に24時間ですべての取引が決済を迎えます。
例えばドル/円が数時間後に何円以上になっているといったように予想し、買いで入り的中すれば成功、的中せずであれば失敗となります。またその商品は金であったり、日経225であったりとFXのように外国為替のみではありません。
よって投資そのものはFXであるが、連動する相場に対して短期投資を行うことができるという特徴があります。初期投資額はFXよりリーズナブルであることもあいまって、バイナリーオプションは投資などの経験がないという初心者の方にもオススメな金融商品なのです。
それ以外にも「3年繰越控除」といった税制控除があり、これもバイナリーオプションが初心者におすすめの投資であることの要因でもあります。
バイナリーオプションで相場観や投資の基礎を身に付け、次に長期投資も行えるFXにもトライしてみるというのもいいかもしれません。
集計中
バイナリーオプション BinaryFX
他に類を見ない高配当!
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社